トナーカートリッジの処分方法

レーザープリンターなどのOA機器でリサイクルトナーを使用しているときに、不要になったトナーカートリッジの処分方法で悩んだ経験のある人も多いのではないでしょうか?そこで、トナーカートリッジの処分方法や評判についてご紹介します。

業務用と個人用で処分方法が異なる

企業や個人事業主が、業務用として使用しているトナーカートリッジを処分する場合と、個人が家庭用として使用しているトナーカートリッジを処分する場合とでは、処理方法が異なります。
企業や個人事業がリサイクルトナーのトナーカートリッジを処分する場合は、トナーカートリッジを産業廃棄物として取り扱わなくてはならないのに対して、一般家庭の場合は通常のゴミとして処分することが可能です。そのため、両者を区分して考えることが大切になります。ちなみに、企業が業務用として利用していたトナーカートリッジを、自治体がゴミを回収するときに出してしまったとしたら、処罰の対象となることもありますので注意しましょう。また、リサイクルトナーではなく、メーカーの純正トナーを使用する場合は業務用・個人用にかかわらずメーカーの回収サービスを利用したほうが簡単と評判です。

業務用トナーカートリッジの処分方法

業務用として使用していたトナーカートリッジを処分するには、リサイクルトナーを購入した販売店に回収してもらうのが一般的です。毎回、同じ販売店からリサイクルトナーを購入している場合には、新しく注文したリサイクルトナーが配達されるときに、不要なトナーカートリッジを引き取ってもらうことができます。わざわざ電話連絡する必要もなく、処理費用を請求されることもないので、もっとも簡単な処分方法として評判がいいです。
また、販売店ではなく、回収専門の業者にトナーカートリッジの処理を依頼することも可能です。多くの企業が集まる都市部には、企業のためにオフィスから出たトナーカートリッジの回収を専門に行っている会社があります。ネットや電話で業者に回収を依頼すると、希望する日時にトナーカートリッジを引き取りに来てくれます。

家庭用トナーカートリッジの処分方法

一般家庭において、個人が使用しているトナーカートリッジの処分方法は、住んでいる自治体によって異なります。
トナーカートリッジは、そのほとんどはプラスチックでできていますが、アルミやスチールなどの金属部品も使用されているため、自治体によって「燃えるゴミ」として出すところと、「燃えないゴミ」として出すところがあるのです。また、自治体のなかには「資源ごみ」など独自の区分によってトナーカートリッジを回収しているところもあるので、自治体に問い合わせて確認してみるのが確実です。自治体のホームページに家庭用リサイクルトナーの回収方法について記載している自治体もあるので、ホームページをチェックしてみるのもよいでしょう。